母子家庭で育った私は長年、ずっと仕事探しをしてきた気がします。
無職の時だけではなく、仕事をしている時も常に次の仕事探しをしてきました。

その理由は今現在やっている仕事に満足できずに、
別の仕事に興味を持ってしまうからです。

それ以外でも今の仕事には満足していても雇用期間が決まっていて、
それが終了したら別の仕事に就かなければいけない時もありました。

さらに次の仕事を決めるだけではなく、今の仕事では収入が少なく、
生計が成り立たないので、副業を探していたこともありました。

とは言え、仕事で残業や休日出勤などがあると、副業選びも制限されてしまいます。
また、できる副業も限られてしまい、ひたすら単発か、本業が長期休みの時限定で探していました。

いつも何らかの仕事を探していたので、
ハローワークや派遣会社の人とはすっかり顔馴染みになってしまいました。

いつも仕事を探す生活が10年くらい続き、
さすがに仕事探しにも疲れてきました。

仕事探しでお困りならこちらを参考にしてみてください。→母子家庭 正社員 求人

そうこうしているうちに、今までなんとか決まっていた仕事も、
徐々に決まらなくなっていきました。

母との生活がかかっているので、
焦りとストレスも大きくなっていきました。

しかし、ある時就職活動をしなくても仕事ができる方法を見つけようと思い、
今のフリーランスの形に変わっていきました。

今考えても仕事探しはかなり大変で、
時間と労力のかかる作業でした。

関連記事


    子供のいる女性の立場で仕事がつらいと思う場面は 自分が家計のために一生懸命仕事をしてクタクタなのに 子供が勉強など頑張っていなかったり、 全くお手伝いをしてくれなかったりする時です。 好きで仕事をして…