私は鉄道に詳しくないので、営業キロというものがわからず、ネット検索してみました。
ジェイアールの公式サイト「JRおでかけネット」によりますと、運賃の計算に使われるキロメートルの数値のことで、駅と駅の間の営業キロ数を算出して、普通運賃表に当てはめて運賃が決められています。
これはJR各線の幹線または本州3社とJR北海道の電車を利用する際に用いられている方式です。
普通車運賃だけでなく特急や急行料金などの料金計算や割引の条件などでも、この営業局(キロメートル)はよく出てきます。

ここも見て下さい→JR 営業キロ

営業キロはどこでわかるか?というと、JR時刻表の列車時刻を見てください。
駅名欄の左側にキロ数が書いてありますよ。
ちなみに1キロメートル未満のは数は切り上げられています。
これを先程の「普通運賃表」にあてはめると、運賃が計算することができます。
実際の切符の値段を例に出して、自分で料金を算出してみるのも楽しいかもしれないです。

さらに、全国のJR新幹線において、駅間の距離を調べる方法をご説明紹しましょう。
駅ー駅間の距離というのは乗車券の運賃はもちろん、有効期間運賃は営業距離と呼ばれている距離が数値が基準となっています。
鉄道ファンなら基礎知識かもしれないですね!

関連記事

    None Found