おまとめローンを利用すると利息を減らすことができると言われていますが、これは、限度額の少ないカードローンを複数社より借入れしていることが原因です。
おまとめローンで本当に利息が少なくなるかどうかは申し込む前に金利の計算をして本当に得になるのかきちんと確認しておく必要があります。
まずは返済シミュレーションで正確な金利を計算しましょう。

参考になると思います
リボ払いはおまとめローンできる?危険なの?【おまとめ支払い】

おまとめローンというものは複数の借入れを1本化することで毎月の返済額や利息の負担を軽くできるというメリットがあります。
しかし、月々の利息を減らしたり返済金額を抑えることができても自分に合った返済方法でなければ、更に状況が悪化することになります。
おまとめローンを組むことになったとしても元本は減りませんから毎月の返済額を今より低く設定すると返済期間が長くなります。
返済期間が延びれば当然支払う利息も増えるので返済する総額は、おまとめ前より多くなってしまうのです。
又、消費者金融のおまとめローンは返済型なので追加融資を受けることはできませんが銀行のおまとめローンにはフリーローンが多いので、追加融資をしてモラルことがあるのですが、一方で借入額が増えてしまうといったリスクも含んでいます。
住宅ローンを借りる場合、カードローンを利用していると審査に通り辛くなるという話を聞きますが返済負担率に問題が無ければ、カードローンを組んでいても不利にはならないという意見もあります。
そうはいっても、お金に困っているからカードローンで借金をしているということは明白ですから可能な限りカードローンは住宅ローンの審査を受けるまでに解約しておきましょう。
なお、多重債務者の場合はおまとめローンで1本化することが最優先です。
又、おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンの融資は難しいだろうと考える人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞納なく返済していればプラス評価になります。
それに加えて住宅ローン利用者は優遇金利となる場合がありますから優良顧客という自信がある人は、同じ金融機関で住宅ローン審査を受けたほうがお得になることがありますよ!
複数の金融業者から借金をしていると借入残高がマチマチなので管理しにくいですね。
多重債務をする人は借入可能額が低いために何社からも借りなければならなかったのだと思います。
金利の設定は借入限度額が高いほど低くなりますから借入先を1社に集中したほうが有利になります。
しかし、多重債務者は金融機関では歓迎されないので全ての借入れを返済できる金額を融資してもらうにはハードルが高すぎます。
しかし、おまとめローンは多重債務者の負担を軽減するための商品なので取りあえず、申し込むことをおすすめします。
おまとめローンを利用すれば複数の借入れを1本化できるので毎月の返済額を抑えたり引き落とし日を管理しやすくできるメリットがあります。
おまとめローンにも与信審査がありますが通常のカードローンよりも金利が高く、審査基準が厳しい場合が多いです。
実際の貸付金利を銀行と消費者金融で比較jしますと銀行カードローンは1.7から12.5%(じぶん銀行借り換えコース)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。
おまとめローンをどちらの金融業者から借り入れるにしても毎月の返済金額を減らすという場合は返済期間が長くなる事を忘れてはいけません。
返済期間が長期化すれば支払う利息も増えてしまうので返済総額はおまとめローンを組む前よりも大きくなることを忘れないで下さい。
おまとめローンとは複数の金融業者から借り入れをしている人が既に借り入れているローンを一括返済するために新たに借り入れるためのローンです。
複数の金融業者から借り入れをしていると返済日が何回もあるので残高の管理が大変です。
与信枠が低いと金利が高くて不利になりますから何件ものローンをまとめて1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。
反面、おまとめローンを希望する人は多重債務者ですから審査基準が厳しいなど、困難なことが多くなります。
金融業者にはおまとめローンを用意しているところもありますのでそのような業者を積極的に狙った方が良いでしょう。
おまとめローンの審査落ちした人はゼッタイに通らないとあきらめていてはいけません。
通常のローン審査では年収や勤務先などの個人情報を採点したり情報センターに問い合わせをしますが特に目立った問題点が無ければ審査通過に期待が持てます。
年収は高い人なら余裕で審査通過できると思われがちですが年収の1/3を超える借入総額の場合は審査に通らないと思ってください。
勤続年数は長いほど安定性があると判断され契約社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。
金融業界では多重債務者は好まれませんので自己破産歴がある人は10年以上経過していても要注意です。
おまとめローンの手続きで一番手軽な方法はインターネット上で申し込みから契約まで完了できるweb完結です。
自宅からなら気兼ねなく申し込みができますし、わざわざ出かけて行かなくても申し込むことができます。
注意することはweb申込みとweb完結はちがうということでweb完結なら必要書類を撮影しネットで送信すれば完了です。
web申し込みは審査結果を受け取るまではweb完結と同じですが必要書類を郵送してもらって記入後返送するローンもあります。
web完結なら自宅で気軽に手続きができるだけでなく即日融資に対応している業者も多くあります。
プロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンと呼ばれるキャッシングサービスがあります。
消費者金融のローンですが、一般のカードローンと違う点は、総量規制の例外貸付が適用される点や返済専用のカードローンなので追加の借入れができないことです。
金利は6.3%から17.8%なので少々高めではありますが、消費者金融ならではのフットワークの良さは健在です。
銀行のおまとめローンよりも限度額が低めに設定されていますが申込資格は20歳から65歳以下で安定継続した収入がある人だけなので勤務形態の規制はありません。
既存の借入先への返済を代行してくれるだけでなく代行手数料や完済金の振込手数、繰り上げ返済手数も無料なのでメリットは大きいです。
マイカーローンの返済期間は平均5年から7年とされていますのでショッピングローンとしては長い期間といえますが自動車自体が高額商品になりますので毎月の返済額が高くなるのは否めません。
その間に転職などで収入が減ってしまうと毎月のローンの負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを検討するという可能性が出てくるかもしれません。
銀行の提供しているおまとめローンであればそれも1つの方法といえますが消費者金融の場合、マイカーローンをおまとめローンにすることはできないかもしれません。
理由は、消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの融資を1本化するためのものですから銀行から借り入れて組んだマイカーローンは利用対象外ということなのです。
信販会社で組んだマイカーローンもキャッシング枠であれば対象となりますがショッピング枠でマイカーローンを組んだ場合は利用することはできません。
おまとめローンとは複数で借り入れたものを1つにまとめることができるローンで毎月バラバラだった返済日を1日にまとめたり、月々の返済額を低く設定し直すことができます。
毎月の返済額を減れば経済的な負担が軽くなるというメリットがありますが返済しなければいけない元本に変化はありませんから返済期間が長くなる事になります。
返済期間が長引けば、長くなった分だけ金利が発生するということになりますので返済しなければいけない総額はおまとめする前より増えてしまうのです。
一方で、金融業界の常識として与信限度枠が高い人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額の承認がもらえさえすれば、現在抱えている借金の金利よりもずっと低金利で借り入れられることになります。
ですから、きちんとシミュレーションして返済額を算出することで支払総額を増やすことなく、毎月の楽な返済が可能になるのです。

関連記事


    大手消費者金融アコムの自動契約機むじんくんでの借り方を解説します。 むじんくんでアコムへ申込みするための手続きの流れはどうなっているでしょうか?アコムはパートやアルバイトの方のように低収入の方でも申し…


    借金を返済してから思ったことは、借金が無いということはこんなにも清々しいことなのかということです。私の借金だったのは、カードローンです。生活が厳しかった時に銀行を訪れ、その際にサービスの存在を知り、…


    様々な事情からお金に困ってしまった時、すぐに役立つのがカードローンです。最近はすっかり普及してきたので知っている方がほとんどだと思います。 ですが、いよいよ利用したいと思っても、まずどこを選ぶべきか…


    主婦の人は色々な物を我慢するのが当たり前。そんな風に思われている方、多いのではないでしょうか。 ところが、カードローンはパートなどで収入があれば主婦でもOKという物がほとんどです。 夫にバレないか?心…


    最近のカードローンはますます便利になってきて、即日借入というのが全く珍しくなくなっていますし、中には当日のうちに振り込みができるところもあります。 もちろんそれだけ素早い対応をしてもらうためには、朝…