外壁塗装を依頼するときの悩みのひとつはどこに頼むのかということもあるのではないでしょうか?
主にリフォーム会社、工務店、塗装屋、塗装職人専門店など多くの業者が外壁塗装を請け負っています。
この中での主な違いは自社で施工するか下請け業者が施工するかという違いがあるのです。
必ずというわけではありませんが多くの場合リフォーム会社、工務店は下請け会社に発注し、塗装屋、塗装職人専門店は自社の職人が施工するといった感じになります。
下請け業者が施工する場合には当然元受け業者に中間マージンが発生するので実際に施工する業者に渡る金額は自社職人で行う業者に比べると少なくなってしまうのです。
下請け業者に発注する場合と自社職人で施工する場合では見積もり金額が同じであれば自社職人によって施工する業者のほうが外壁塗装に使える金額が多く、丁寧な施工が期待できます。
しかし実際には下請け業者に発注をするリフォーム会社、工務店のほうが見積もり金額が安い場合もあるので必ずしも自社職人で施工する塗装屋などのほうが良いということでもありません。
外壁塗装 業者選択で失敗しないためには1社だけではなく、できれば多くの業者に見積もりを依頼し、リフォーム会社や工務店には自社で行うのか下請け業者が行うのか確認するのがよいでしょう。

関連記事