【口コミや広告にヒントがある】
雑誌やインターネットで目にする電話占いの広告には、
願いが叶ったエピソードや喜びの声など
さまざまな口コミであふれていることがあります。

当たる電話占いを探す場合、やはりこの誌面にある言葉やブログでの紹介、
実際に占いを利用している友達の感想、口コミを信頼するのが
ほとんどだと思います。

その占い会社のホームページがわかりやすくて親切な印象であることも
ポイントだし、はっきり「当たる!」などと書いてあれば
控えめなものよりも、ついお願いしてみようという気になると思うんです。

【なんだかとってもそんな感じがする…が大事】
口コミや広告の印象、友人からの紹介を経て、いざ鑑定を依頼する時は
「なんだか…とっても当たりそうな気がする」その感覚が一番参考になるようにも思えます。

でも時々、いざ鑑定してもらうとイメージが違ったり「当たらなかった」
と感じることもあるかもしれません。

もしかしたら占ってもらう側の準備もきっと大事なのかも…ということです。
これはいくつもの電話占いを経験して感じることでもあります。

【時間か内容か。電話占いで迷うところ】
短い時間で手ごたえを感じたいときは、事前にメモをとる準備をしたり
聞きたいことを簡潔にまとめるクセをつけるのが満足するコツかもしれません。
いつも説明だけで冒頭の15分を使ってしまう場合は、質問内容や「これがわかれば
満足できる」というところまでイメージしてから挑むと後悔がありません。
いざ鑑定が始まったら必ずしたい質問をよいタイミングを図って投げかけます。
これは迷わず素早く決断していく訓練にもなります。

時間(お金)に余裕がある場合は「その通りだ」「なるほど」と感じるところまで
じっくりと会話をを楽しめるような相性の良い占い師の先生と出会えることが大事です。
たくさんの話や悩んでいるこの気持ちを聞いてほしいときはこちらのパターンですね。

口コミを参考にして、質問を工夫することで「当たった!」と感じられる占い会社に
たどり着けるのではないでしょうか。

関連記事

    None Found